今だからこそ外貨MMFでがっつりブログ


ミニ株とは、銘柄ごとに定められている最低売買単位(1単元株)の10分の1で、売買のできる株式取引です。
正式名称を「単元未満株取引」と言い、この他にも「プチ株」などと呼ばれることもあります。
通常の株式の場合、企業が定めた取引単位でしか取引することができず、取引単価は銘柄ごとに決まっているのですが、ミニ株に対応している証券会社を利用することで、その単位未満でも売買することができるのです。

けれどこれはオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に提供と開発をしているサービスなため、ミニ株ができる証券会社とできない証券会社が存在します。
ミニ株の最大の特長は、少ない資金で取引ができる点です。
必要な資金が数千円から数万円で収まるため、お小遣い程度の資金で株式取引を始めることができます。

さらに、通常の株式の場合、購入する単位そのものが大きいため、リターンが大きい分、それなりのリスクも伴いますが、ミニ株は取引単位が小さいため、相場変動による損益も小さくなります。
これらのことから、通常の株式取引よりも、大きな利益は見込めませんが、その分損失も少なく抑えられるため、株式取引に慣れていない初心者でも、安心してトレードすることができます。
けれど、指値注文ができなかったり、注文可能時間や購入できる銘柄が限定されているなどのデメリットも存在します。

それでも、銘柄が指定されている点については、取引になれていない初心者の方にとって逆にメリットとなるので、敷居の高いイメージだった株式が、とても身近に感じられる商品と言えるのです。


ページTOPへ